アップルブリオッシュのレシピです。バター香るブリオッシュ生地とリンゴの五香粉ソテーがよく合います。

パンレシピ

こんにちは。ちーです。

ブリオッシュはバターや卵がふんだんに入ったリッチなパンです。

そのパンにりんごのソテー、カスタード を合わせました。
りんごのソテーには五香粉の香りをつけ、ワンランクアップ。

プルーンのブリオッシュはカスタードに市販の種無しプルーンをのせただけです。笑

私は普段キッチンエイドを使ってパンやケーキを作っています。
だからこのサイトでは、基本キッチンエイドを使用した写真や説明をしていますが、パン、ケーキのレシピや作る手順はキッチンエイドがなくても同じなので、キッチンエイドを使用しない方も参考になるかと思います。

必要な道具

ブリオッシュ 生地
・ドレッジ
・バット
・アルミカップ
・刷毛

カスタードクリーム
・絞り袋
・鍋
・ホイッパー
・ゴムべら
・ボール
・バット
・ふるい

レシピ

ブリオッシュ 生地(17個分くらい)
・準強力粉(強力粉でも可)・・・300g
・砂糖・・・24g
・塩・・・6g
・セミドライイースト・・4.8g
・脱脂粉乳(スキムミルク)・・10g
・全卵・・・90g
・卵黄・・・30g
・水・・・90g 
・バター・・・120g

・溶き卵・・・1個

セミドライイーストはこちらを使っています。生イーストのようにふんわりとした生地が作れて、インスタントドライイーストのように使い勝手の良いイーストです。↓↓

カスタードクリーム
・牛乳・・・180g
・卵黄・・・45g
・グラニュー糖・・40g
・薄力粉・・・8g
・コーンスターチ・・8g
・バニラオイル・・2〜3滴

りんごの五香粉ソテー
・りんご・・・1個(中身は160gぐらい)
・バター・・・15g
・グラニュー糖・・40g
・五香粉・・・少々(パパッと1ふり〜2ふりくらい)
・レモン汁・・・少々

・粗挽き黒胡椒・・・少々(最後のトッピングにつかいます)

他のトッピングとして今回は市販の種無しプルーンを使いました。

カスタードクリーム作り

カスタードクリームの作り方はこちらをご覧ください。↓↓

りんごの五香粉ソテー

①りんごを1cmくらいの角切りにします。

②フライパンにりんご、バター、グラニュー糖を入れて中火にかけます。
バターとグラニュー糖をリンゴに絡めるように混ぜます。

③リンゴの周りが半透明になってきたら火を止め、五香粉、レモン汁を入れてよく混ぜたら出来上がりです。

ブリオッシュ(17個分くらい)

*水は冬はぬるま湯、夏は少し冷たいものを使ってください。
*ブリオッシュ生地は扱いづらいので、キッチンエイドかホームベーカリーを使うことをお勧めします。

生地作り

①準強力粉(強力粉でも可)、砂糖、塩、セミドライイースト、脱脂粉乳をよく混ぜます。
そこに全卵、卵黄、水を入れて最初はゆっくりと捏ねていきます。
粉っけがなくなれば、速度を早くして叩くように捏ねていきます。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: FFA56A96-0FAE-42B2-9FEF-4A15C29F2046_1_201_a-1-800x617.jpeg

②上の写真のように、生地を伸ばして薄く膜が張るようになったらOKです。
バターを入れて混ぜていきます。

*バターの量が多いので2回に分けて混ぜるとスムーズに生地に混ざっていくと思います。
その場合は、半分のバターを入れて混ぜ、8割くらい生地に混ざったときに残りのバターを入れてさらに混ぜます。


画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: CC20B1B9-CD98-49B2-92AE-BEC340E9E4F5_1_201_a-2-800x461.jpeg

③上の写真のように生地にバターが混ざりきればOKです。
24℃に捏ね上がるのがベストです。

一次発酵

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 7EBAB839-031D-4144-9C50-332FAF9F94D5_1_201_a-1-800x677.jpeg

①生地を丸めます。
生地が柔らかいので、手よりもドレッジを使って丸めるとやりやすいです。
ドレッジを生地の下にスライドさせながら丸めていきます。


画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 281BADA9-D0B9-4005-B53F-691DEF0DF162_1_201_a-1-800x406.jpeg

②丸めた生地をボールに入れてしっかりとラップをし、室温で発酵させていきます。
*冬場は少し暖かい部屋で発酵させてください。

*オーブンの発酵機能(40℃とか)で発酵してしまうとバターが溶けるので、室温で発酵させていきます。


画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 3B6C2352-1959-4BF2-AECB-44660CC2A2E1_1_201_a-1-800x453.jpeg

③40〜80分で生地が1.5〜2倍くらいに発酵すればOKです。
(24℃に捏ね上がれば60分くらいです。)


画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 4FD9E632-0CB8-4E56-92AD-C2CF65B922C1_1_201_a-1-800x566.jpeg

④生地のガスを抜き(パンチ)、手粉(分量外の強力粉)をふったバットに平らに入れます。


画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: BD571726-7421-43BB-9358-2CC0A4341CCC_1_201_a-1-800x593.jpeg

⑤乾燥しないようにしっかりとラップをします。冷蔵庫で12〜20時間、発酵させます。


画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 9ACFA1EB-D3DC-4839-BA29-1CD0F379871F_1_201_a-1-800x612.jpeg

⑥冷蔵庫から出して室温に10分ほど置きます。

成形〜二次発酵〜焼成

①ガスを抜いて生地を40gくらいに分割して丸めます。
アルミカップを少し広げたところに生地をのせます。


②生地を手で押して少し平らにし、写真のように真ん中をへこませます。
濡れ布巾をかぶせ、室温で30〜50分、二次発酵させます。(生地が1.5〜2倍になればOKです)

*冬場は少し暖かい部屋で発酵させてください。


③生地の周り(カスタードが乗らないところ)に溶き卵を刷毛で塗り、カスタードを写真のように絞ります。

オーブンを190℃に余熱します。

写真よりも一周りカスタードを多くした方がきれいに仕上がります。

一周りする前に写真を撮ってしまいました。(苦笑)


④カスタードの真ん中にりんごの五香粉ソテーと種無しプルーンをのせます。
190℃で13〜15分焼きます。

⑤焼き上がったらりんごの方に粗挽き黒胡椒をトッピングして出来上がりです。

最後に

菓子パンは、焼きたてよりも少し時間が経ったものの方が風味が落ち着いて美味しく感じます。

焼き立てから、1時間くらいがわたし的には一番ベストだと思っています。
もちろん、物にもよりますが。

パン屋さんでは「焼きたて」と表示されているものも、買ってから食べるまでに時間が経つと当然焼き立てではなくなります。

パン屋さんで「焼き立て」を買うと、買ってからどこか公園を探し、そこで食べるのが一番ベストなタイミングです。笑

プロの料理人のマンツーマンレッスン!【RIZAP COOK】
この記事を書いた人
ちー

こんにちは。ちーです。
3才の娘がいる30代です。 パン、ケーキ、料理を作るのも食べるのも考えるのも好き。 ずっと考えながら食べていたい。笑
コーヒーはデカフェにはまり中。
万能ダレを使った簡単ご飯、娘と食べれるパンとケーキのレシピを書いてます。

ちーをフォローする
パンレシピ
スポンサーリンク
ちーをフォローする
日好日記〜ひよしにっき〜
タイトルとURLをコピーしました