くるみの入ったショコラフランス 捏ねずに長時間発酵で味わい深いパンになりました。

スポンサーリンク
パンレシピ

こんにちは。ちーです。

大人なショコラフランスを作りました。

ショコラといってもチョコは入っていません!笑

ココアパウダーとクルミの入ったプチフランスです。
ちょっとビターだけど食べるごとに味わい深い大人のパンになりました。

こちらのジャムと合わせても美味しいです!

スポンサーリンク

レシピ(60g×6個)

  • 準強力粉・・・200g
  • 塩・・・5g
  • モルトパウダー・・0.5g
  • イースト(赤サフ)・・0.3g
  • ココアパウダー・・15g
  • 水・・・120g +40g
  • クルミ・・・60g

*準強力粉がなければ強力粉160g+薄力粉40gで代用できます。

イーストはこちらのものを使っています。糖分の少ないパン用のイーストです。↓↓

モルトパウダーはこちらのものを使っています。これを使うことで生地が安定し、焼き色もよくなります。なくてもパンは作れます。使い勝手がいいので、私はモルトシロップからこちらに切り替えました。↓↓

モルトシロップを使う場合は、モルトパウダーの代わりに1g入れてください。入れるタイミングは一番最初です。↓↓

作っていきましょう

作業の流れはこんな感じです。参考までに。

クルミをロースト→材料を混ぜる→15分休ませる→パンチ→15分休ませる→パンチ→室温(22℃)で6時間発酵or冷蔵庫で12〜20時間発酵(一次発酵)→成形→二次発酵→焼成

クルミをロースト

①クルミを1センチ角くらいに刻みます。

②170℃のオーブンで5分くらい軽くローストします。(クルミが香るくらいまで)

一次発酵が長いのでその間にローストしてもOKです。

生地作り〜一次発酵

ボールにココアパウダーと水40gを入れてよく混ぜます。


残りの水(120g)、イーストを入れます。よく混ぜてイーストを溶かします。

冬の水が冷たいときはレンジで温めてぬるま湯に。夏場の暑いときは氷で水を冷やしてください。

今回は何もせず水道水をそのまま使いました。ちなみに水温は22℃です。


準強力粉、モルトパウダー、塩を合わせたものを入れてカードなどで粉っけがなくなるまで混ぜます。
*モルトパウダーはダマにならないように準強力粉と合わせてよく混ぜてから水と合わせます。


こんな感じです。


濡れ布巾をして15分室温で休ませます。


パンチします。手の甲で押さえて空気を抜きます。
*この時に生地がくっついて作業がしにくければ強力粉(分量外)を軽くふってください。


生地を集めて下から持ち上げて、という作業を何度か繰り返し、表面をきれいに張らせるように丸めます。


濡れ布巾を被せて15分置きます。


その後にもう一度パンチ(空気を抜いて丸める作業)をします。
そしてまた濡れ布巾をし、室温で6時間ほど発酵させます。
または、濡れ布巾を被せラップをし、冷蔵庫で12〜20時間置いて発酵させます。


2〜2.5倍に発酵すればOKです。
*冷蔵庫で長時間発酵させた場合は、成形前に20分くらいレンジの発酵機能を使って生地の温度を17℃くらいまで戻した方がいい感じのパンになります。

生地の膨らみ具合を見て、発酵時間は調節してください。

成形

ここからの作業も生地がくっついて作業がしにくければ適宜、強力粉(分量外)を軽くふってください。

作業台に生地を出します。
*一次発酵の時に表面だった面が上になるようにします。


6等分(目安は60〜65g)に分割します。


軽く丸めます。濡れ布巾をして10分休ませます。


成形していきます。手のひらで生地を軽く叩き、余分な空気を軽く抜きます。


生地を裏返して(丸めたときの底の部分を上にします)、クルミを10g乗せます。


上から生地の1/3を手前に折ります。


それをさらに半分に折っていきます。
*右手はなるべく生地を痛めないようにし、上の生地の端っこと下の生地の端っこをくっつけるように折っていきます。


こんな感じです。


転がして形を整え、繋ぎ目を下にします。

二次発酵〜焼成

生地の表面に強力粉(分量外)をつけて、クッキングシートの上につなぎ目を下にして間隔を開けて並べます。
オーブンの発酵機能か暖かい場所で二次発酵させていきます。


オーブンを250℃に予熱します。

生地が1.5倍くらいに発酵すればOKです。(目安は30〜40分くらいです。)
ペティナイフでクープ(切り込み)を入れます。

クープはクルミが見えるくらい深めに入れる方がいい感じになります。


250℃で10分、200℃に落として5分ほど焼いたら出来上がりです。
*ご家庭のオーブンに合わせて、温度と時間は調節してください。

焼けたらすぐに網などに移して粗熱をとります。

最後に

一見甘そうですが、甘くないので気をつけてください。笑

でも長時間発行のフランスパン生地なので、食べるごとに小麦の甘さがあり美味しいです。

おかずによっては食事パンとしてもいけるかもしれません。
例えばミネストローネとか。。

試してないのでわかりませんが。笑

こちらのオーブンと銅板を使って焼きました。↓↓

この記事を書いた人
ちー

こんにちは。ちーです。
3才の娘がいる30代です。 パン、ケーキ、料理を作るのも食べるのも考えるのも好き。 ずっと考えながら食べていたい。笑
コーヒーはデカフェにはまり中。
万能ダレを使った簡単ご飯、娘と食べれるパンとケーキのレシピを書いてます。

ちーをフォローする
パンレシピ
スポンサーリンク
ちーをフォローする
日好日記〜ひよしにっき〜
タイトルとURLをコピーしました