家庭で気軽に作れるダッチコーヒーの淹れ方です。特別な道具を使わずにスッキリと美味しいコーヒーを飲むことができます。

コーヒー

こんにちは。ちーです。

ダッチコーヒーを知っていますか?
お湯を使わずに水でゆっくりと時間をかけてコーヒーを抽出する方法です。

水出しコーヒーとも言われます。
水でゆっくりと時間をかけて抽出するのでカフェインなどが溶け出しにくく、そのためまろやかですっきりとした飲みやすいコーヒーを淹れることができます。

そして水出しコーヒーには2種類の淹れ方があります。
コーヒー豆を水に浸して抽出する「浸漬式」と、水を点滴のように落として抽出する「滴下式」です。

今回はこの「滴下式」を家庭で気軽に作ってみようと思います。

レシピ

焙煎度はシティで、中細挽きの豆を使っています。
アイスコーヒーだと深煎り(フレンチ)が定番かと思いますが、しっかりした香りのあるスペシャリティーコーヒーでは中煎り(シティ)も香りがたってスッキリと美味しいです。

1人分2人分3人分
豆の量(g)102030
氷の量(g)100200300
蒸らし用の水(g)122025

*深煎りの豆を使うときは、蒸らし用の水を少し多め(+5gくらい)してください。

私はデロンギのグラインダーを使っていますが、ホットの抽出のときよりも2段階細めにしています。

準備

①ハリオドリッパー(1〜6人用)
②ハリオドリッパー(1〜2人用)・コーヒーフィルター(1〜2人用)
③計り
④コーヒーサーバー
⑤コーヒーフィルターを丸く切り抜いたもの
⑥コーヒー豆

淹れていきましょう

①コーヒー豆を中細挽きにして、コップに入れます。


②そこに蒸らし用の水を入れて、全体に水が行き渡るようによく混ぜます。


③ドリッパー(1〜2人用)にコーヒー豆を入れます。


④コーヒー豆がちょうど隠れるくらいの大きさに丸く切ったコーヒーフィルターを、よく濡らしてコーヒー豆の上に置きます。

これをすることによって、豆全体に水が行き渡るようになります


⑤ドリッパー(1〜2人用)の上にドリッパー(1〜6人用)をのせて、分量の氷を入れます。

気温とコーヒー豆の量にもよりますが、このまま置いておくと8時間くらいで氷が溶け、アイスコーヒーができます。

濃いコーヒー液になるので、飲むときは氷を入れて少し薄めて飲んでください。

最後に

この淹れ方なら、夜に用意をすれば次の日の朝にアイスコーヒーをすぐに飲むことができます。

朝のバタバタと時間がない中でも美味しいコーヒーを飲みたいときには最適。
しかもまろやかで飲みやすいので、朝にバッチリです。

水で抽出するので劣化も遅く、仕事から帰ってきても美味しく飲むことができます。

ドリップとはまた違った美味しさがあるので、私はドリップで淹れるアイスコーヒーとこのダッチコーヒーを家で交互に飲んでいます。

朝に飲むときはダッチ、休日にお菓子と一緒に飲むときはドリップみたいな感じで楽しんでいます。

この記事を書いた人
ちー

こんにちは。ちーです。
3才の娘がいる30代です。 パン、ケーキ、料理を作るのも食べるのも考えるのも好き。 ずっと考えながら食べていたい。笑
コーヒーはデカフェにはまり中。
万能ダレを使った簡単ご飯、娘と食べれるパンとケーキのレシピを書いてます。

ちーをフォローする
コーヒー
スポンサーリンク
ちーをフォローする
日好日記〜ひよしにっき〜
タイトルとURLをコピーしました