初心者にもおすすめ!HARIO V60のコーヒードリッパー♪メリット、デメリットは?

スポンサーリンク
おすすめ商品

こんにちは。あおきです。

私が愛用しているハリオのV60ドリッパー(プラスチック製)の紹介です。

コーヒーを頻繁に飲むようになってからいろんなドリッパーを調べ、最終的に行き着いたのがハリオV60でした。

ハリオV60はプロの方も愛用している人が多いのですが初心者の方にもおすすめです♪

スポンサーリンク

HARIO株式会社とは

HARIO株式会社とは、1921年創業の耐熱ガラスに特化した日本のメーカーです。

HARIOの商品は海外でも多く使われているので日本のメーカーだと知らない方も多いのではないでしょうか。

会社の特徴として、煙突のない耐熱ガラスの工場(日本の古河工場)があります。

コーヒー器具のメーカーとしても有名ですが、他にもお茶、調理器具、理化学用品など多くの商品を製造しています。

HARIOの名前の由来は玻璃王(ガラスの王様)からきているそうです。


珈琲器具からキッチン用品まで豊富に取り揃えています【HARIO NETSHOP】

ハリオV60透過ドリッパーの特徴

そして、そのHARIOさんが製造販売している商品の中でも特に有名なハリオV60ドリッパーは、コーヒー初心者の方からプロの方まで幅広く支持されています。

そのハリオV60ドリッパーには大きく分けて3つの特徴があります。

円錐型

ドリッパーには円錐と台形の2種類がありますがハリオV60は円錐型です。

円錐型と台形型の違いは、台形型の方が抽出口の穴が小さく円錐型の方が穴が大きいです。
*穴の違いによる味への影響は後述します。

大きな1つ穴

台形型と違い抽出口が大きな1つ穴です。

大きな1つ穴のためドリッパー内にお湯が留まる時間が短く、お湯を注ぐスピードによってコーヒーの濃度を変えることができます。

サッと注げばすっきりとした味わいに、ゆっくり注げばしっかりとした味わいに、と自分の好みに合わせたコーヒーを淹れることができます。

このように自分で調整することができるのでプロも好んで使っている方が多いです。

台形型は穴が小さいので、ドリッパー内のお湯の滞在時間が長いためしっかりとしたコーヒーが抽出されます。

お湯を注ぐスピードによる影響が円錐型よりも少ないので、比較的安定したコーヒーを毎回淹れることができます。

円錐型は淹れ方によって味が変わるので初心者には向いていないのでは、と思うかもしれませんが、
ドリッパー内にお湯の留まる時間が短いため、どのような淹れ方をしても比較的雑味の出にくいコーヒーを淹れることができます。

私は初心者の方にもおすすめしたいドリッパーだと思っています。

螺旋状のリブ

上の写真でもわかるように内側に螺旋状のリブがあります。

このリブがあることでドリッパーとコーヒーペーパーの間に少しの隙間ができ、
蒸らしの時間にコーヒーの粉がしっかりと膨らむことができます。

ハリオV60透過ドリッパー(プラスチック製)

ハリオV60ドリッパーは基本的な形状は同じですが、プラスチック、セラミック、耐熱ガラス、銅、メタルなど様々な素材のものがあります。

今回は、私が長年使っているハリオV60ドリッパー(プラスチック製)のメリットとデメリットをお伝えしていこうと思います。

【HARIO NETSHOP】 にはプラスチック製以外にもおしゃれなドリッパーや珈琲器具がたくさんあるので他にも色々見て検討したい方はご覧ください。

私の使っているハリオV60ドリッパー(プラスチック製)はこちらのものです↓↓

メリット

気分に合わせた淹れ方ができる

大きな1つ穴という特徴があることで、
お湯を注ぐスピードを調節してすっきりとした味わいのコーヒーもしっかりとした味わいのコーヒーも淹れることができます。

私は普段はすっきりしたコーヒーを淹れて、
アイスコーヒーやカフェオレを作るときにしっかりと濃いコーヒー液を淹れるようにしています。

安く購入できる

プラスチック製の一番のメリットとも言えるのが値段ではないでしょうか。

400円ほどで購入できるので、初心者の方にも手が出しやすいと思います。

このドリッパーにはサイズが3種類(1〜2人用、1〜4人用、1〜6人用)あるのですが、全てのサイズを揃えても1600円くらいで購入できます。

私の家には全てのサイズに加えて1〜2人用は2個置いています。

2個持ちは違う種類のコーヒーを淹れたりするときに使うのですが、
このお値段だから気軽に購入することができました♪

ちなみに、1〜4人用や1〜6人用でも1人分を淹れることができますがおすすめはしません。
ドリップポットの注ぎ口から粉までの距離が長いと安定したドリップができないからです。

1〜4人用を使う場合は3、4人分を淹れるとき、1〜6人用を使うときは4〜6人分を淹れるときに使うのがいいと思います。

軽くて壊れにくい

プラスチックでできているのでとても軽く、落としても壊れるということが中々ありません。

毎日のようにコーヒーを淹れる方には、軽いということは一つの大きなポイントかなと思います。

軽くて壊れにくいので、我が家ではこのように積み重ねて収納しています。

また、お子さんがいる家庭でも軽くて壊れにくいものは重宝するのではないでしょうか。

お手入れも簡単

ペーパーフィルターなので、使った後は珈琲の粉をペーパーごと捨てることができます。

洗うのもドリッパーとサーバーを軽く洗うだけで、フレンチプレスやメッシュフィルターのように珈琲の粉が詰まって取れない、、ということもなく、ガラスのように割れるかもという心配もありません。

デメリット

プラスチックなので劣化する

プラスチックなので使っていくうちにお湯によって色が変化したり、ヒビが入ったりすることがあります。

どのくらいの耐久かは使い方や使っている環境によると思いますが、
我が家のものは5年くらい使っており、色の変化はありますがヒビが入ったりはしておらず問題なく今も使えています。参考までに。


珈琲器具からキッチン用品まで豊富に取り揃えています【HARIO NETSHOP】

ハリオV60専用のフィルターを

目の細かさやサイズなどハリオのドリッパーに合うように作られているのでフィルターは専用のものを使いましょう。

上記は1〜2人分用のものです。
ドリッパーに合ったサイズのものを購入してください。

専用のものを使うことで美味しいコーヒーを淹れることができます♪

最後に

自宅用はもちろんプレゼント用にも最適です。

【HARIO NETSHOP】 ではプレゼント用に包装やのし付をしてもらえ、さらに150文字以内のメッセージカードを付けてもらうこともできるそうです。

珈琲好きの方へのプレゼントとしてもとっても重宝しますね。

 

ハリオv60を使って一緒に美味しいコーヒーを楽しみましょう♪

デカフェコーヒー専門店『日好珈琲』のデカフェはこちらから♪

こちらの器具を使ってコーヒーを淹れています♪↓↓

カリタ ナイスカットG 電動コーヒーミル
コーヒー豆通販CoffeeSAKURA
¥ 41,800(2022/07/07 17:37時点)
ハリオ|HARIO V60コーヒーサーバー450(450ml) VCS-01B[VCS01B]
楽天ビック(ビックカメラ×楽天)
¥ 968(2022/08/13 08:43時点)
タイトルとURLをコピーしました