ドリップで淹れるアイスコーヒーの作り方です。ドリップと同時に急冷することで透明感が出て、香りも逃しません。

コーヒー

こんにちは。ちーです。

夏になると飲みたくなるアイスコーヒー。
家でも簡単に淹れることができます。

抽出温度からコーヒー豆のグラム、挽き具合など何種類か試した結果、この作り方にたどり着きました。
私のベストのドリップアイスコーヒーです。

また、新たなベストが見つかる度に更新していきたいと思います。

レシピ

焙煎度はシティで、中細挽きの豆を使っています。
アイスコーヒーだと深煎り(フレンチ)が定番かと思いますが、しっかりした香りのあるスペシャリティーコーヒーでは中煎り(シティ)も香りがたってスッキリと美味しいです。

1人分2人分
豆の量(g)1320
抽出温度(℃)9090
氷の量(g)70120
抽出量(g)80150
蒸らし用のお湯量(g)1520

私はデロンギのグラインダーを使っていますが、ホットの抽出のときよりも2段階細めにしています。

*茶こしで挽いた豆をこして、微粉を取りのぞけばより美味しくなります。

では淹れていきます

①このぐらいの細かさに豆を挽きます。
*できれば豆のまま購入して淹れる直前で挽いてください。香りが全然違います。


②氷を入れます。
*抽出したコーヒーを氷で急冷することによって、透明感があり香りも豊かなアイスコーヒーができます。


③セットします。
均等にお湯が行き渡るようにコーヒー豆を平らにならします。


④お湯を注いで、30秒ほど蒸らします。

粉の上にお湯を乗せるイメージで丁寧に注いでいきます。


⑤内側から外側へ円を描くようにゆっくりとお湯を注いでいきます。2分くらいかけて抽出します。
お湯が落ち切る前に2投目を注ぐようにしてください。

濃度の濃いコーヒーをじっくりと抽出します。


⑥抽出量になったらドリッパーを外してください。
軽く混ぜて濃度を均一にします。飲む直前に氷を2個くらい足せば出来上がりです。

最後に

夏が近づくと自然に飲みたくなるアイスコーヒー。

ほんのり苦味を残しつつスッキリとしていて、香り豊かなものが私好みです。
コーヒー豆の種類にもよりますが、こうすることで夏に多い柑橘ムースなんかにもよく合います。

美味しいアイスコーヒーがあるだけで、夏には夏らしいおやつ時間が楽しめますね。

この記事を書いた人
ちー

こんにちは。ちーです。
3才の娘がいる30代です。 パン、ケーキ、料理を作るのも食べるのも考えるのも好き。 ずっと考えながら食べていたい。笑
コーヒーはデカフェにはまり中。
万能ダレを使った簡単ご飯、娘と食べれるパンとケーキのレシピを書いてます。

ちーをフォローする
コーヒー
スポンサーリンク
ちーをフォローする
日好日記〜ひよしにっき〜
タイトルとURLをコピーしました