ドリップで淹れるアイスコーヒーの作り方です。ドリップと同時に急冷することで透明感が出て香りも逃しません。

スポンサーリンク
コーヒーの淹れ方

こんにちは。あおきです。

暑くなってくると飲みたくなるアイスコーヒー。
家でも簡単に淹れることができます。

アイスコーヒーのシロップの作り方です。簡単に作れるのでぜひ♪


デカフェ専門店『日好珈琲』はこちらから♪

スポンサーリンク

必要な道具

  • ドリッパー
  • ペーパーフィルター
  • サーバー
  • ドリップポット
  • キッチンスケール
  • 温度計(なくても大丈夫)
  • コーヒーミル(豆を挽く方)

淹れていきましょう

ハリオV60のドリッパーを使用しています。

焙煎度は深煎りで、中細挽きの豆を使っています。
アイスコーヒーだと深煎りが定番かと思いますが、中煎りも香りがたってスッキリと美味しいです。

コーヒー豆と抽出量、氷の量は下の分量を参考にしてください。

1人分:コーヒー豆12g→お湯の量90g、氷80g
2人分:コーヒー豆20g→お湯の量160g、氷160g
3人分:コーヒー豆30g→お湯の量230g、氷240g

*ホットで淹れる場合の半分の量を抽出して、半分の氷の量で急冷するという感じです。

私はカリタのグラインダーを使っていますが、ホットの抽出ではメモリ3.5〜4、アイスコーヒーの時はメモリ3で豆を挽いて作っています。


このぐらいの細かさ(中細挽き)にコーヒー豆を挽きます。
*できれば豆のまま購入して淹れる直前で挽いてください。香りが全然違います。
*中挽きの豆で抽出する方は、中細挽きの時よりゆっくりなスピードで2分くらいかけて抽出してください。


サーバーに氷を入れます。
*抽出したコーヒーを氷で急冷することによって、透明感があり香りも豊かなアイスコーヒーができます。


セットします。
均等にお湯が行き渡るようにコーヒー豆を平らにならします。


85〜90℃のお湯を用意します。
*温度計がない場合は沸騰したお湯をドリップポットに一度移してから使うと大体90℃のお湯になります。


粉の上にお湯を乗せるようにして注ぎます。全体を湿らせ30秒くらい蒸らします。


内側から外側へ円を描くようにゆっくりとお湯を注いでいきます。
2分くらいかけて抽出します。

濃度の濃いコーヒーをじっくりと抽出するイメージです。


規定量のお湯を注いでお湯が落ち切ったらドリッパーを外します。


軽く混ぜて濃度を均一にします。飲む直前に氷を2個くらい足せば出来上がりです。

最後に

夏が近づくと自然に飲みたくなるアイスコーヒー。

ほんのり苦味を残しつつスッキリとしていて、香り豊かなものが私好みです。

美味しいアイスコーヒーがあるだけで、夏には夏らしいおやつ時間が楽しめますね。


デカフェ専門店『日好珈琲』はこちらです♪

こちらの器具を使ってコーヒーを淹れています♪↓↓

カリタ ナイスカットG 電動コーヒーミル
コーヒー豆通販CoffeeSAKURA
¥ 41,800(2022/07/07 17:37時点)
ハリオ|HARIO V60コーヒーサーバー450(450ml) VCS-01B[VCS01B]
楽天ビック(ビックカメラ×楽天)
¥ 968(2022/08/13 08:43時点)
タイトルとURLをコピーしました