これがあれば美味しいコーヒーが家で飲めます!私が普段使っているコーヒー器具はこちらです。

スポンサーリンク
おすすめ商品

こんにちは。ちーです。

「美味しいコーヒーを家で飲みたい〜!」

という方。

少しの道具を揃えるだけで、家庭で美味しいコーヒーが飲めます。

美味しいコーヒーがあればちょっとした息抜きが癒しの時間になりますよね〜

私は家ではペーパードリップで淹れることが多いんですが、お手軽で美味しいのでとてもバランスの取れた淹れ方だと思います。
そして初めて抽出するならこれが一番おすすめです。

ではペーパードリップでコーヒーを淹れるのに必要な道具を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

コーヒーを淹れるのに必要な道具たち

新鮮なコーヒー豆

まずはコーヒーを飲むのに絶対必要なコーヒー豆。これがないと始まりません。笑

コーヒー豆を買うときの大切なことですが、コーヒー豆は焙煎してから2〜10日くらいのものを買ってください。

焙煎後すぐのものでもいいのですが、その場合は豆が落ち着くまで最低でも1日は置いてから飲んでください。

焙煎したてはガスを大量に含んだ状態なので、それをドリップしようとすると粉が暴れてしっかりと蒸らすことができず、コーヒーがうまく抽出できなかったりします。

スーパーなどで買う豆には賞味期限は書いてあるけど、焙煎日まで書いてあるものは少ないと思います。

私のおすすめはやっぱり、コーヒー豆専門店で買うことです。

鮮度がしっかりと管理されているものが多いし、お店の人にコーヒーについて聞けば色々教えてくれたりもします。

ぜひ自分のお気に入りのお店を見つけて欲しいなと思います。

もし、近くにお店がなかったりよくわからないよって方は珈琲きゃろっと の通販もおすすめです。

購入した時に、コーヒー初心者にはありがたい豆の挽き具合のサンプルやコーヒーのことが書かれた冊子をもらえます。

そしてこの冊子を読んでいくだけでコーヒーの基礎知識が学べます。
通販だけど、まるで近くのコーヒー豆専門店で買っているのではと錯覚してしまうようなお店です。

コーヒーミル

やっぱりコーヒーは豆のまま購入して飲む直前に挽くのがベストです。

最初はちょっとハードルが高いかもですが、いずれはミルで豆を挽いて飲んで欲しい!

本当に全然おいしさが違います!
豆のままの方が美味しさも持続するので粉よりも長く楽しめるし、挽いている時からいい香りがしたりと良いことづくめ。

ちょっと挽く手間があると思いますが、それも電動を使えば問題ないです。
ただ、手動よりも電動の方が少しお値段がするので、そこは自分のライフスタイルに合わせたものを選んでください。

私はこちらの電動のものを使っています。

デロンギ KG79J 臼式コーヒーグラインダー
ヤマダ電機 楽天市場店
¥ 7,162(2021/06/18 05:50時点)

忙しい朝にはやっぱり電動です。
電動を使えば、コーヒー豆を粉砕しながら朝ごはんの準備もできます。

そして、挽きたての香りのいいコーヒーを朝から飲めるんです。最高です。

食パンにバターだけの朝食も美味しいコーヒーがあることで格段にレベルアップです。

キッチンスケール

キッチンスケールも豆の量やコーヒーの抽出量を計るのに重要です。

計量スプーンでもいいのですが、豆の焙煎度合いによって膨らみ具合が変わり、同じグラムでも容積が変わります。

正確に計るにはやっぱりキッチンスケールが安心かなと思います。

私はこちらのものを使っています。

これは0.1gから計れるキッチンスケールです。

私はこれでパンやケーキも作るので、0.1gから計れるこちらのものを使用していますが、コーヒーだけという方は1gから計れるもので十分です。

おすすめはやっぱりタニタのものかなと思います。長年使っていますが壊れにくく反応もいいです。

1g単位からのものならもっと安く購入できます。

コーヒーサーバー

サーバーは特になんでもいいと思います。

私は1人分だったらサーバーではなく、コップにそのままドリップします。

一応、こちらが私が使っているサーバーです。安くて特に邪魔にならないものを選びました。

ハリオ HARIO コーヒー & ティーサーバー テコ TC-100B[TC100B]
楽天ビック(ビックカメラ×楽天)
¥ 467(2021/06/20 17:56時点)

ビーカーとかお洒落なものもたくさんあるので、いろいろ見てみるのも楽しいと思います。

ドリッパー

ドリッパーもいろんな種類があり、ものによって味わいも違ってきます。

種類は大きく分けて円錐形と台形があります。どちらかというと円錐形はお湯の抜けが早いのでさっぱり、台形はお湯の抜けが遅いのでどっしりとした味わいになります。

とりあえずは気になるものを使ってみて、淹れるのに慣れてきたら色々試してみるのもありだと思います。

私はハリオV60を使っています。

ハリオ HARIO V60透過ドリッパー01(クリア) VD-01T[VD01T]
楽天ビック(ビックカメラ×楽天)
¥ 437(2021/06/20 18:14時点)

サイズが1〜2杯用、1〜4杯用、1〜6杯用と3種類あります。
購入する際は気をつけてください。

こちらは大きな1つ穴のドリッパーで比較的スッキリとした味わいになります。

ペーパーフィルター

フィルターはドリッパーにあったものを購入してください。

メーカーが同じものを購入するのが無難だと思います。

私はハリオのドリッパーなのでハリオのフェイルターを使っています。

コーヒーケトル

コーヒーケトルは湯量をコントロールしやすい細ぐちのものがおすすめです。

わたしはこちらのものを使っています。

コーヒーポット ホーロー コーヒーポット 細口 ケトル 白 IH
PocketCompany 楽天市場店
¥ 6,600(2021/06/21 18:33時点)

これはホーロー製です。なぜホーローを選んだかというと、私はステンレスでお湯を沸かした時に感じる鉄っぽい味がちょっと苦手なんですよね。。

ですが、ステンレスとホーローでコーヒーを飲み比べてみましたが、そんなに影響なかったので特にこだわりがなければステンレスでいいと思います。

あとは、このケトルは直火対応なんです。
他のケトルも直火対応のものとそうでないものがあるのでこのポイントも見て購入するのが良いと思います。

直火対応でない場合は、ケトルとは別にヤカンも必要ですね。
ヤカンでお湯を沸かしてケトルに移してドリップするという感じですね。

我が家はキッチンが狭くヤカンとケトルを一緒に置いておけないので、ケトルをヤカン代わりとしても使うために直火対応にしました。

ただ直火対応のケトルには欠点もあって、容量の半分以上のお湯を沸かすと沸騰のタイミングで注ぎ口からお湯が溢れ出てくるんです。。

これは誤算でした。たくさん淹れる方は別のヤカンなどでお湯沸かしてケトルに移した方がいいと思います。

温度計

コーヒーは抽出温度によって味わいが変わってきます。

お湯の温度が高ければ苦味が際立ち、低ければ苦味がまろやかになります。

大体90℃くらいがいいんですが、それを測るには温度計が必須です。

温度計を使わない場合は、沸かしたお湯をサーバーに入れてまたケトルに移すということをすれば大体90℃くらいになります。

こちらが私の使っている温度計です。

カップ

カップは好みのものを使いたいですよね。

自分のお気に入りを見つけてそれでコーヒーの時間を過ごせたら最高ですね。

とは言いつつ、私は無印のコーヒーカップです。笑

何度もいいやつを買おうと思ったんですが、我が家には小さい子どもがいるので。。

いつ割られるか、、とビクビクしながら過ごすよりは安心してコーヒーライフを過ごす方を選びました。笑

最後に

コーヒーを淹れる道具さえあればいつでも美味しいコーヒーが家で飲めます。

そして、焙煎したて挽きたてのコーヒーは本当に格別です。
多少淹れ方が間違っててもこの2つを揃えた豆なら本当に美味しいです。

道具を揃えるのに少しの出費、そして淹れるたびに少しの時間を使うことになりますが、それに変わる素敵な時間が手に入ります。

美味しいコーヒーがあればおやつの時間や家事の合間、仕事の休憩など、少しの時間が充実した時間に変わりますよ〜

ぜひ、家で美味しいコーヒーを淹れてほっと一息ついてください。

この記事を書いた人
ちー

こんにちは。ちーです。
3才の娘がいる30代です。 パン、ケーキ、料理を作るのも食べるのも考えるのも好き。 ずっと考えながら食べていたい。笑
コーヒーはデカフェにはまり中。
万能ダレを使った簡単ご飯、娘と食べれるパンとケーキのレシピを書いてます。

ちーをフォローする
おすすめ商品コーヒー
スポンサーリンク
ちーをフォローする
日好日記〜ひよしにっき〜
タイトルとURLをコピーしました