ペーパーフィルターを使った美味しいコーヒーの淹れ方♪

スポンサーリンク
コーヒーの淹れ方

こんにちは。あおきです。

コーヒーにはいろんな淹れ方がありますが、
最もお手軽な淹れ方がこのペーパーフィルターを使った淹れ方です。

淹れ方にはいくつかのポイントがありますが、そのポイントを押さえればより一層美味しいコーヒーを自宅で飲むことができます。

私も毎日のようにこの方法でコーヒーを淹れています♪

アイスコーヒーの淹れ方はこちらをご覧ください♪↓↓

スポンサーリンク

必要な器具

  • ドリッパー
  • ペーパーフィルター
  • サーバー
  • ドリップポット
  • キッチンスケール
  • 温度計(なくても大丈夫)
  • コーヒーミル(豆を挽く方)

淹れていきましょう

ハリオV60のドリッパーを使用しています。

1人分:コーヒー豆12g→お湯の量160g
2人分:コーヒー豆20g→お湯の量320g
3人分:コーヒー豆30g→お湯の量480g

*1人分でコーヒー豆を10g使う計算ですが、
1人分だけ淹れる時は10gでは少なくて淹れづらいので多めにしています。

ドリッパーにコーヒーフィルターをセットし、コーヒーフィルターをお湯で濡らします。
コーヒー豆を中挽きにしてフィルターに入れ軽く揺すり平らにします。
*写真は2人分です。

コーヒー豆の挽き目は少し粗めがおすすめです。

私はカリタのナイスカットGを使って”3.5〜4″のメモリで挽いています。


85〜90℃のお湯を用意します。
*温度計がなければ写真のように沸騰したお湯をサーバーに一度注ぎ切ってからまたポットに移すと90℃くらいのお湯になります。

お湯の温度が高すぎると苦く雑味のあるコーヒーが抽出されます。
好みにもよるので85〜90℃くらいのお湯で淹れてみて、それよりも苦味が欲しければ90℃以上で淹れることをオススメします。

粉の上にお湯を乗せるようにして注ぎます。全体を湿らせ30秒くらい蒸らします。

蒸らしをすることによってコーヒー豆とお湯が馴染み、コーヒーの美味しい成分をしっかりと抽出することができます。

中心から”の”の字を描くようにお湯を注いでいきます。


3、4回に分けてお湯を注いでいきます。
*浅めの焙煎の場合は、写真のように膨らまず粉が沈むことがあります。


320gのお湯を注ぎ切ってお湯が全て落ちたらOKです。

蒸らしからコーヒーを淹れるまででトータル3分くらいで淹れるようにします。
淹れるまでに時間がかかりすぎるとコーヒーのえぐみや渋みを感じるようになります。
3分より長くなる場合は挽き目を荒く、短くなる場合は挽き目を細かくして調節してください。

軽くサーバーを回して濃度を均一にしてからカップに注いでください。

美味しいコーヒーとお菓子でのんびりなおうちカフェを楽しみましょう♪


デカフェ専門店『日好珈琲』はこちらから♪

こちらの器具を使ってコーヒーを淹れています♪↓↓

カリタ ナイスカットG 電動コーヒーミル
コーヒー豆通販CoffeeSAKURA
¥ 41,800(2022/07/07 17:37時点)
ハリオ|HARIO V60コーヒーサーバー450(450ml) VCS-01B[VCS01B]
楽天ビック(ビックカメラ×楽天)
¥ 968(2022/08/13 08:43時点)
タイトルとURLをコピーしました