サクサクタルト生地にブルーベリーたっぷりのベリータルト 焼きっぱなしで作るコーヒーに合いまくりのお菓子です

スポンサーリンク
お菓子レシピ

こんにちは。ちーです。

ブルーベリーとフランボワーズの2種のベリーを使ったタルトです。

近くのスーパーでブルーベリーが安く手に入ったので使いました。
もちろん冷凍でもOKです。

中にベリーのジャムを入れているんですが、これも冷凍ミックスベリーを使ってもらっても美味しくできます。分量はそのままでOKです。

ベリーをふんだんに使った濃厚タルト。コーヒーによく合うのでぜひ。

スポンサーリンク

レシピ(直径18cmのタルト型)

タルト生地(パート・シュクレ)

  • 有塩バター・・90g
  • 粉糖・・・60g
  • 溶き卵・・・30g
  • アーモンドプードル・・20g
  • 薄力粉・・・145g

*無塩バターを使う場合はバターを入れるタイミングで塩をひとつまみ入れて下さい。

クレーム・ダマンド

  • バター・・・60g
  • 粉糖・・・60g
  • 溶き卵・・・60g
  • アーモンドプードル・・60g

ベリージャム

  • ブルーベリー・・30g
  • フランボワーズブリゼ・・30g
  • グラニュー糖・・・20g

仕上げ用

  • ブルーベリー・・・60g
  • 泣かない粉糖・・・適量

フランボワーズブリゼと泣かない粉糖はこちらのものを使っています。

\全品ポイント5倍★7/20 23:59迄/cotta プードルデコール 250g
ラッピングストア(コッタ cotta)
¥ 567(2021/07/21 06:55時点)

作っていきましょう

作業の流れはこんな感じです。参考までに。

タルト生地(パート・シュクレ)を作る→クレームダマンドを作る→ベリージャムを作る→シロップを作る→合体させて焼く

タルト生地(パートシュクレ)の作り方

タルト生地の作り方はこちらをご覧ください。↓↓

クレーム・ダマンドの作り方

クレーム・ダマンドの作り方はこちらをご覧ください。↓↓

ベリージャムの作り方

ブルーベリー、フランボワーズブリぜ、グラニュー糖を小鍋に入れて2時間ほど常温に置いておきます。


ベリーから水分が出てきたらOKです。


弱火で煮詰め、とろみが出ればOKです。粗熱をとって冷蔵庫で冷まします。

タルト台成形〜焼成〜仕上げ

タルトの型にバター(分量外)を薄く塗り、冷蔵庫で冷やします。


作業台に強力粉(分量外)を軽く振り、タルトを少しねって扱いやすいようにします。
*ここで必要以上にねると手の熱でバターが溶けてベタベタになったり、サクサクの食感が半減します。

ベタつくなと思ったら一度冷蔵庫に入れて生地を冷やしましょう。早く焼きたいと思いますが、焦りは禁物です。


軽くのばしたら、ラップを敷いたバットの上に置いてもう一度冷蔵庫で冷やします。
*こまめに冷やすことが美味しいタルトを作るポイントです。


さらに薄くのばします。(目安としては厚さ3〜4mmくらい)
そして型の上に覆い被せます。


型に合わせて生地を押し、型と生地の間に空間がないようにします。


麺棒を転がして余分な生地を落とします。


底にフォークで穴を開けます。


ベリージャムを底に満遍なく塗り、冷凍庫に20分ほど入れて軽く冷やし固めます。


オーブンを170℃に予熱します。

できたクレーム・ダマンドの7割くらいの量をベリージャムの上に敷き詰めます。


ブルーベリー(仕上げ用)をクレーム・ダマンドの中に埋め込むように均一に入れていきます。


残りのクレーム・ダマンドを敷き詰めてパレットナイフなどでならします。


170℃で50〜60分焼いたらOKです。
完全に冷めたら泣かない粉糖をふって出来上がりです。
*食べきれない分はジップロックに入れて冷凍もできます。食べるときは室温か冷蔵庫で解凍すればそのまま食べれます。


毎日セール開催中!製菓・製パン材料がお得な【cotta】

最後に

今までバターたっぷりのお菓子は家ではあまり作ってきませんでした。
なぜならカロリーが怖いから。笑

これからはもっと作っていこうかなと思います。

だってやっぱりどれもコーヒーにはよく合うから😁

こちらのオーブンと銅板を使って焼きました。↓↓

この記事を書いた人
ちー

こんにちは。ちーです。
3才の娘がいる30代です。 パン、ケーキ、料理を作るのも食べるのも考えるのも好き。 ずっと考えながら食べていたい。笑
コーヒーはデカフェにはまり中。
万能ダレを使った簡単ご飯、娘と食べれるパンとケーキのレシピを書いてます。

ちーをフォローする
お菓子レシピ
スポンサーリンク
ちーをフォローする
日好日記〜ひよしにっき〜
タイトルとURLをコピーしました