捏ねない!プレーンベーグルのレシピです。

パンレシピ

こんにちは。ちーです。

5つの材料でできるシンプルなベーグルは、そのまま食べてもクリームチーズをサンドしても美味しいです。

表面をツヤっとさせるには茹でてからすぐにオーブンで焼くのがコツです。

レシピ(100gくらいのベーグル×3個分)

・強力粉・・・200g
・きび砂糖・・10g
・塩・・・3g
・セミドライイースト・・2g
・水・・・110g
・モルトシロップ・・・大さじ1(なければ蜂蜜でOK)

モルトシロップはこちらのものを使っています。↓↓
モルトシロップを入れることでベーグルらしい風味をつけることが出来ます。

セミドライイーストがなければスーパーでよく見かけるこちらのものでもOKです。↓↓

私が使っているセミドライイーストはこちらです。生イーストのようにふんわりとした生地が作れて、インスタントドライイーストのように使い勝手の良いイーストです。↓↓

作っていきましょう

作業の流れはこんな感じです。参考までに。

材料を混ぜる→10分休ませる→パンチ→10分休ませる→パンチ→10分休ませる→パンチ→5分休ませる→分割、成形→発酵→茹でる→焼成

生地作り

ボールに水、きび砂糖、塩と強力粉の半量を入れ、よく混ぜます。そこにイーストを振り入れ、さらによく混ぜます。

冬の水が冷たいときはレンジで温めて常温に。夏場の暑いときは氷で水を冷やしてください。

今回は秋だったので何もせず水道水をそのまま使いました。ちなみに水温は23℃です。


残りの強力粉を加えてドレッジと手でまとめていきます。大体の粉っけがなくなり均一に混ざればOKです。


濡れ布巾を被して室温に10分置きます。


パンチします。手の甲で押さえて少し平らにします。


生地を集めて下から持ち上げて、表面をきれいに張らせるように丸めます。
この10分休ませる→パンチ(丸める)という作業をトータル3回行います。
そして最後に濡れ布巾を被せ5分置いてから成形します。

成形

作業台に生地を置き、平らに広げます。


細長い生地になるようにスケッパーなどで三等分にします。


手のひらで軽く押しながら空気を抜きます。


両手で転がして細長く伸ばし、片方の端を手のひらで押して平らにします。


平らにした端の部分で、もう片方の端を覆うように巻き付けてくっつけます。


四角に切ったクッキングシートの上に成形した生地をのせます。

発酵〜茹で〜焼成

濡れ布巾を被して、オーブンの発酵機能か温かいところに置いて発酵をしていきます。30〜40分発酵させます。

私のオーブンの発酵機能は温度が高い(40℃)ので、発酵機能を5分だけ使って後は電源を切り、そのままオーブンの中に入れて発酵させています。


オーブンを200℃に余熱します。

表面が少しふわっとして柔らかくなったらOKです。


フライパンに水とモルトシロップを入れます。モルトシロップを溶かしながら火にかけ、お湯を作ります。
ベーグルをクッキングシートごとお湯に入れて茹でます。


両面30秒〜1分ずつ茹でます。途中でクッキングシートを取ってください。


茹でたらすぐにクッキングシートを敷いた天板の上に閉じ目を下にして並べ、200℃で15〜20分焼いたら出来上がりです。

茹で上がったらすぐにオーブンで焼くことで、ベーグルのツヤっとした表面を作れます。

最後に

もっちりむっちりなベーグル。

「なんだこれは」と思って今まであまり食べてきませんでしたが、焼き立ては全然違う美味しさがあります。

このベーグルも次の日に食べる時は、トースターで少し温めてから食べてみてください。

この記事を書いた人
ちー

こんにちは。ちーです。
3才の娘がいる30代です。 パン、ケーキ、料理を作るのも食べるのも考えるのも好き。 ずっと考えながら食べていたい。笑
コーヒーはデカフェにはまり中。
万能ダレを使った簡単ご飯、娘と食べれるパンとケーキのレシピを書いてます。

ちーをフォローする
パンレシピ
スポンサーリンク
ちーをフォローする
日好日記〜ひよしにっき〜
タイトルとURLをコピーしました