ふんわりふわふわ!イーストドーナツのレシピです。娘もよく食べておやつにピッタリです。

スポンサーリンク
お菓子レシピ

こんにちは。ちーです。

娘とおやつにドーナツを食べたくなり、パン屋で働いてたとき以来に久しぶりに作りました。

イーストを使うので少し時間がかかりますが、ふわふわの美味しいドーナツができます。

今回はシンプルなシュガードーナツにしましたが、チョコやナッツなどいろんなトッピングを子どもと一緒に楽しむのもいいですね。

私は普段キッチンエイドを使ってパンやケーキを作っています。
だからこのサイトでは、基本キッチンエイドを使用した写真や説明をしていますが、パン、ケーキのレシピや作る手順はキッチンエイドがなくても同じなので、キッチンエイドを使用しない方も参考になるかと思います。

スポンサーリンク

レシピ(直径5cmのセルクルの型、30個くらい)

・強力粉・・・300g
・上白糖・・・45g
・ドライイースト・・4.5g
・塩・・・4.5g
・溶き卵・・・45g
・牛乳・・・170g
・バター・・・30g

・粉糖・・・適量

粉糖は「なかない粉糖」を使うときれいに仕上がります。

セミドライイーストはこちらを使っています。生イーストのようにふんわりとした生地が作れて、インスタントドライイーストのように使い勝手の良いイーストです。↓↓

サフ セミドライイースト ゴールド 400g 酵母_スーパーセール ハロウィン 敬老の日
ママパン/ママの手作りパン屋さん
¥ 637(2021/09/08 13:25時点)

必要な道具

・麺棒
・クッキングシート
・キッチンペーパー
・ドレッジ(スケッパー、カード)
・バット
・型(直径5cmのセルクル)
・ボール
・揚げ鍋

作っていきましょう

生地作り

強力粉、上白糖、ドライイースト、塩を入れて混ぜます。
そこに溶き卵と牛乳を入れてさらに混ぜていきます。(低速)

*牛乳は室温の高い夏は冷蔵庫から出してすぐに使い、室温の低い冬は少し温めてから使ってください。


 

粉っけがなくなり全体に均一に混ざれば捏ねていきます。(中速〜高速)


 

まだ少し粗いですが、生地を伸ばすと薄い膜が張ります。
ここまで捏ねればバターを入れ、バターが生地に8割くらい馴染むまで混ぜていきます。(低速)


 

次に中速で捏ねていきます。上の写真のように生地の艶もよくなり、薄い膜が張れば生地の出来上がりです。

一次発酵

生地を丸めてボールに入れ、乾燥しないようにしっかりとラップをします。
オーブンの発酵機能か温かいところに置いて一次発酵をしていきます。

イーストドーナツは捏ね上げ温度が高くなりがちで、発酵が進みやすくなるので30分くらいから様子を見るようにしてください。


 

30分〜1時間で、1.5〜2倍に発酵すればOKです。


 

生地のガスを抜き、バットに平らにして入れます。
しっかりとラップをして、冷蔵庫で1時間以上休ませます。

成形〜二次発酵〜揚げ

冷蔵庫から出します。

少し発酵してますね。私は用事があったので3時間くらい冷蔵庫に入れてました。


 

麺棒で少し伸ばし、型で丸く抜いていきます。

*抜けなくなった生地の余りはまとめてまた冷やします。
冷えたら麺棒で伸ばし再度、型で抜いてください。


 

クッキングシートを小さく切り、その上に生地を乗せて二次発酵していきます。


 

生地がふんわりと丸みを帯びればOKです。


 

160〜170℃の油でクッキングシートごと揚げていきます。
*クッキングシートはすぐに剥がれるので、剥がれたら回収してください。

片面がきつね色になれば、お箸を生地の下に入れ、上に持ち上げるときれいにひっくり返せます。


 

揚がったらキッチンペーパーにのせて油をきります。
しっかりと冷めたら、粉糖をまぶして出来上がりです。

最後に

娘は本当によく食べました。

前回作ったこちらのドーナツより好きみたいです。↓↓

油を使ってるし砂糖も使ってるので食べすぎはよくないなあと思いながらも、よく食べてくれるのが嬉しくてついついたくさんあげてしまいました。

また作ろう。

ちなみに食べ切れなかった分は冷凍しました。
食べるときは冷蔵庫で解凍してから、少しトースターで温めてください。

この記事を書いた人
ちー

こんにちは。ちーです。
3才の娘がいる30代です。 パン、ケーキ、料理を作るのも食べるのも考えるのも好き。 ずっと考えながら食べていたい。笑
コーヒーはデカフェにはまり中。
万能ダレを使った簡単ご飯、娘と食べれるパンとケーキのレシピを書いてます。

ちーをフォローする
お菓子レシピパンレシピ
スポンサーリンク
ちーをフォローする
日好日記〜ひよしにっき〜
タイトルとURLをコピーしました