捏ねずに作る!ふわふわイーストドーナツ♪子どもとのおやつにぴったりです

スポンサーリンク
家庭で作るお菓子レシピ

難易度★★☆

こんにちは。あおきです。

娘とおやつにドーナツを食べたくなり、パン屋で働いてたときぶりに作りました。

イーストを使うので少し時間がかかりますが、ふわふわの美味しいドーナツができます。

今回はシンプルなシュガードーナツにしましたが、チョコやナッツなどいろんなトッピングを子どもと一緒に楽しむのもいいですね。

*揚げた後に冷凍保存が可能ですが、劣化が早いので1週間以内に食べることをおすすめします。
冷凍する場合はジップロックに入れてください。

スポンサーリンク

レシピ(直径5cmのセルクルの型、20個くらい)

  • 強力粉・・・200g
  • 上白糖・・・30g
  • セミドライイースト・・3g
  • 塩・・・3g
  • 溶き卵・・・30g
  • 牛乳・・・115g
  • バター・・・20g
  • 粉糖・・・適量
  • 揚げ油・・・適量

粉糖は「泣かない粉糖」を使うときれいに仕上がります。

*バターはなるべく小さくきってから室温に出しておくか、レンジで10〜20秒ほど温めて少し柔らかくしておきます。

セミドライイーストがなければスーパーでよく見かけるこちらのものでもOKです。↓↓

私が使っているセミドライイーストはこちらです。生イーストのようにふんわりとした生地が作れて、インスタントドライイーストのように使い勝手の良いイーストです。↓↓

毎日セール開催中!製菓・製パン材料がお得な【cotta】

作っていきましょう

作業の流れはこんな感じです。参考までに。

牛乳と卵にイーストを溶かす→上白糖、塩を入れる→2/3の強力粉を入れる→バターを入れる→残りの強力粉を入れる→15分休ませる→パンチ→15分休ませる→パンチ→一次発酵→冷蔵庫で寝かせる→成形→二次発酵→揚げる→仕上げ

生地作り〜一次発酵

牛乳に卵とイーストを入れてよく混ぜます。
イーストが溶けたら上白糖と塩を入れ軽く混ぜます。
*牛乳ではイーストが溶けにくいですが、ここでしっかりと溶かしてください。

牛乳は少し温めてから使います。
私は今回、23℃くらいにして使いました。


強力粉を2/3くらい入れて、粉っけがなくなるまでホイッパーで混ぜます。


バターを入れます。バターが生地に馴染むまで混ぜます。


残りの強力粉を入れ、ドレッジなどで粉っけがなくなるまで混ぜます。


こんな感じです。


濡れ布巾を被せて15分休ませます。


パンチします。手の甲で押さえて空気を抜きます。
*この時に生地がくっついて作業がしにくければ強力粉(分量外)を軽くふってください。


生地を集めて下から持ち上げて、という作業を何度か繰り返し、表面をきれいに張らせるように丸めます。


濡れ布巾を被せ15分休ませます。


その後にもう一度パンチ(空気を抜いて丸める作業)をします。
そしてまた濡れ布巾をし、オーブンの発酵機能か暖かい場所で一次発酵させます。


大体2倍くらいに発酵したらOKです。

発酵時間の目安は1時間くらいです

寝かせる〜成形〜二次発酵〜揚げる

ここからの作業も生地がくっついて作業がしにくければ適宜、強力粉(分量外)を軽くふってください。

発酵時に表面だった面が上になるように作業台に出します。
麺棒でガスを抜きながら平らに伸ばし、バットに入れてラップをして冷蔵庫で1時間ほど寝かせます。


麺棒で同じ厚さに伸ばし型で抜きます。
*抜いた後の残りの生地はまとめ冷蔵庫で冷やし、冷えたら麺棒で伸ばして再度型で抜いてください。


クッキングシートを小さく切り、その上に生地を乗せて間隔をあけて並べます。
濡れ布巾を被せ、暖かい場所かオーブンの発酵機能を使って二次発酵をしていきます。


生地が少し丸みを帯びてふんわりしたらOKです。

目安は30分くらいです


160〜170℃の油でクッキングシートごと揚げていきます。
*クッキングシートはすぐに剥がれるので、剥がれたら回収してください。

片面がきつね色になれば裏返します
お箸を生地の下に入れ上に持ち上げるときれいにひっくり返せます


揚がったらキッチンペーパーにのせて油をきります。
しっかりと冷めたら、たっぷりの粉糖をまぶして出来上がりです。

最後に

冷凍保存をした場合は、自然解凍すればそのまま食べれます。
冷凍する場合は完全に冷め切ったものを当日に冷凍してください。

こちらの型、ドレッジ、キッチンスケール、オーブンを使いました♪↓↓

タイトルとURLをコピーしました