捏ねずに作る!ふんわり甘いレーズンのミルクハース♪生地に練り込むことで、口いっぱいにレーズンの香りが広がります。

スポンサーリンク
家庭で作るパンレシピ

難易度★★☆

こんにちは。あおきです。

ふんわり甘いミルクハースにレーズンを練り込みました。
生地に練り込むことで口いっぱいにレーズンの香りが広がります。

レーズンは五香粉とぶどうジュースに漬け込んでいますが、
五香粉がない場合はぶどうジュースだけでもOKです。

*焼いた後に冷凍保存が可能な作り置きのできるパンです。
冷凍する場合はジップロックに入れてください。

スポンサーリンク

レシピ(75g×6個分)

ミルクハース生地

  • 強力粉・・・200g
  • 塩・・・4g
  • きび砂糖・・10g
  • セミドライイースト・・2g
  • 練乳・・・10g
  • 牛乳・・・130g
  • バター・・・20g

レーズンの漬け込み

  • レーズン・・・80g
  • ぶどうジュース・・5g
  • 五香粉・・・0.2g

*バターはなるべく小さくきってから室温に出しておくか、レンジで10〜20秒ほど温めて柔らかくしておきます。

セミドライイーストがなければスーパーでよく見かけるこちらのものでもOKです。↓↓

私が使っているセミドライイーストはこちらです。生イーストのようにふんわりとした生地が作れて、インスタントドライイーストのように使い勝手の良いイーストです。↓↓

レーズンと五香粉はこちらのものを使いました♪↓↓

cotta カリフォルニアレーズン 500g
ラッピングストア(コッタ cotta)
¥ 810(2022/06/25 07:04時点)

毎日セール開催中!製菓・製パン材料がお得な【cotta】

作っていきましょう

作業の流れはこんな感じです。参考までに。

レーズンの漬け込み→レーズンをペースト状にする→材料を混ぜる→10分休ませる→パンチ→10分休ませる→パンチ→10分休ませる→パンチ→一次発酵→成形→二次発酵→焼成

レーズンの漬け込み

レーズンを軽く水洗いした後、キッチンペーパーで水気を拭きます。
レーズンと五香粉をジップロックに入れて振りながら混ぜたら、ぶどうジュースを入れてさらに混ぜます。
この状態で冷蔵庫で一晩漬け込みます。


フードプロセッサーを使ってペースト状にします。
*フードプロセッサーがない場合は、包丁で刻みながら叩いてペースト状にします。

生地作り〜一次発酵

ボウルに牛乳、セミドライイースト、練乳を入れ、よく混ぜてイーストを溶かします。
イーストが溶けたら塩ときび砂糖を入れてさらに混ぜます。

夏場は冷蔵庫から出した牛乳をそのまま使ってもいいと思いますが、
冬場は少し温めたほうがいいかなと。
ちなみに今回は18℃くらいのものを使いました。


レーズンを入れてホイッパーでほぐします。


強力粉を2/3の量入れ、粉っけがなくなるまで混ぜます。


こんな感じです。


バターを入れます。バターが生地に馴染むまで混ぜます。


残りの強力粉を入れ、ドレッジなどで粉っけがなくなるまで混ぜます。


こんな感じです。


濡れ布巾を被せて10分休ませます。


パンチします。手の甲で押さえて空気を抜きます。
*この時に生地がくっついて作業がしにくければ強力粉(分量外)を軽くふってください。


手かカードを使い、生地を集めて下から持ち上げて、という作業を何度か繰り返して表面をきれいに張らせるように丸めます。


濡れ布巾を被せ10分休ませます。


この10分休ませる→パンチ(丸める)という作業をトータル3回行います。
そして最後に濡れ布巾を被せ、オーブンの発酵機能か暖かい場所で一次発酵させます。


大体1.5〜2倍くらいに発酵したらOKです。

発酵時間の目安は1時間くらいです。

成形〜二次発酵〜焼成

ここからの作業も生地がくっついて作業がしにくければ適宜、強力粉(分量外)を軽くふってください。

6個(目安は1個75g)に分割して丸めます。
濡れ布巾を被せて10分ほど休ませます。
*一次発酵の時に表面だった面が上になるように丸めます。


麺棒でガスを抜きながら細長く伸ばします。


裏返します。(休ませていたときに下だった面を上にします。)


上からくるくると巻いていきます。


手のひらで転がし、形を整えます。


オーブンシートの上に閉じ目を下にして間隔を空けて並べます。
オーブンの発酵機能か暖かい場所で二次発酵をしていきます。


オーブンを200℃に予熱します。

1.5倍くらいに発酵したら二次発酵はOKです。(目安は30分くらいです)


茶漉しで強力粉(分量外)を振ります。


クープナイフかペティナイフでクープ(切り込み)を5本入れます。


200℃で12〜15分焼いたら出来上がりです。

最後に

レーズンと一緒にクルミなどを練り込んでも美味しいです。

小さいサイズのミルクハースですが、スライスして食べるのがおすすめです♪

こちらのクープナイフ、ドレッジ、キッチンスケール、オーブンシート、フードプロセッサー、オーブン、銅板を使って焼きました♪↓↓

 

タイトルとURLをコピーしました