【お菓子の基本】ビスキュイ・ア・ラ・キュイエール そのまま食べたりケーキの土台に使います。

スポンサーリンク
お菓子レシピ

こんにちは。ちーです。

ビスキュイ・ア・ラ・キュイエールって知っていますか?

見たことはあると思いますが、中々名前が出てこないやつ。それがこれです。

「シャルロットなんとか〜」という名前のケーキによく使われています。

シャルロット・オ・ポワール

シャルロット・オ・フレーズ、、

とかですね。

キュイエールとはフランス語でスプーンという意味です。
絞り袋がない時代にスプーンで生地をすくい落としていたことからこの名前がついたんですね。

この生地はケーキにも使えますが、もちろんこのまま食べたりもします。

材料も少なく簡単にできるのでちょっとしたおやつにも最適です。

冷凍もできるのでたくさん作ってストックしといたら好きな時に食べれますね

スポンサーリンク

レシピ(35個くらい)

  • 卵白・・・70g(2個分)
  • グラニュー糖・・50g
  • 卵黄・・35g(2個分)
  • 薄力粉・・50g
  • 粉糖・・適量

準備

①薄力粉を振るいます。

②オーブンを170℃に予熱します。

作っていきましょう

ボールに卵白とグラニュー糖を入れます。ハンドミキサーで角の立ったしっかりとしたメレンゲを作ります。

①グラニュー糖は最初から入れてしっかりとしたメレンゲを作ります。
②最初は低速で卵白がほぐれたら高速にします。角が立ったら低速にしてキメを整えます。

ほぐした卵黄にメレンゲを少し入れてよく混ぜます。


それをメレンゲの中に入れます。


泡を壊さないようにホイッパーで下からすくい上げるようにように混ぜます。

完全に混ぜきらず、少しメレンゲが残るくらいまで混ぜればOKです。


ふるった薄力粉を入れて混ぜます。
最初はホイッパーで混ぜてある程度混ざったらゴムベラに変えます。均一に混ざればOKです。


天板にオーブンシートを敷き、その上に口金で絞っていきます。
粉糖を茶漉しで全体に振るいます。粉糖が溶けたら、もう一度しっかりと振るいます。

私はcotta で購入した丸口金10mmで絞りました。

cotta 丸口金 10mm
ラッピングストア(コッタ cotta)
¥ 273(2021/06/11 22:51時点)


170℃のオーブンで8分〜15分焼いたら出来上がりです。
*冷凍する場合は、粗熱が取れたらジップロックに入れて冷凍してください。

家庭のオーブンによって焼き時間と温度を調節してください。

最後に

シンプルな生地なのでいろんなケーキに合わせることができます。

もちろんそのまま食べたり、アイスにのせたり、、コーヒーとの相性も抜群です。

こちらのオーブンと銅板を使って焼きました。↓↓

この記事を書いた人
ちー

こんにちは。ちーです。
3才の娘がいる30代です。 パン、ケーキ、料理を作るのも食べるのも考えるのも好き。 ずっと考えながら食べていたい。笑
コーヒーはデカフェにはまり中。
万能ダレを使った簡単ご飯、娘と食べれるパンとケーキのレシピを書いてます。

ちーをフォローする
お菓子レシピ
スポンサーリンク
ちーをフォローする
日好日記〜ひよしにっき〜
タイトルとURLをコピーしました