とろ〜り美味しい苺ジャムのレシピです。ペクチンを使ってさっぱりとした甘さのジャムを作りました。

スポンサーリンク
家庭で作るお菓子レシピ

難易度★☆☆

こんにちは。あおきです。

苺ジャムはペクチンを使わなくてもできますが、
ペクチンを使うことによって煮る時間を短縮できるのと、糖度の低いジャムを作ることができます。

煮る時間を短縮することによって、フレッシュな果汁の苺ジャムになります。

スポンサーリンク

レシピ

  • 苺・・・200g(約1パック)
  • グラニュー糖・・65g
  • ジャムベース・・3g
  • レモン果汁・・3g

ジャムベースとはペクチンのことです。

ジャムベースはこちらのものを使っています↓↓

cotta ジャムベース 50g
ラッピングストア(コッタ cotta)
¥ 630(2022/05/05 11:29時点)


毎日セール開催中!製菓・製パン材料がお得な【cotta】

作っていきましょう

小鍋に適当な大きさにカットした苺を入れます。
そこにグラニュー糖とジャムベースをよく混ぜ合わせてから入れ、ラップをかけて数時間から一晩おきます。
*気温が暖かい時期は冷蔵庫に入れておきます。

グラニュー糖とジャムベースをよく混ぜ合わせてから使うことでダマになるのを防ぎます。


上の写真のようにグラニュー糖が溶けて、苺の水分が出てればOKです。


全体を軽く混ぜながら中火で煮ていきます。
アクが出たら取りながら、沸いてから5分ほど煮ます。


レモン果汁を入れて軽く混ぜたら出来上がりです。

出来立てはサラッとしていますが冷めてくるとトロッとします。


出来たてをビンに入れて逆さにし、粗熱をとります。
*ビンを逆さにすることによって蓋をしっかり密閉でき、蓋を閉めたときにできる空間の雑菌をなくすことができます。

最後に

苺ジャムはパン、アイス、ヨーグルトなどなんでも合う万能のジャムです。

しかもケーキのシロップとしても使えるので、お酒を使わないケーキを作るときにも重宝します。

苺ジャムはジップロックに入れて冷凍もできるので、
苺の安い時期にたくさん作ってストックしておきたいですね。

タイトルとURLをコピーしました