美味しいドリップバッグの淹れ方♪ドリップバッグでお手軽にコーヒーを

スポンサーリンク
コーヒー

こんにちは。あおきです。

一杯分のコーヒーをフィルターやドリッパーなしで手軽に淹れることができるドリップバッグはとっても便利ですよね。

個包装されているのでアウトドアなどどこにでも持ち運べるし、ちょっとしたプレゼントなどにも重宝します。

そんな便利なドリップバッグですが挽かれたコーヒー豆が袋に入っているので、
コーヒーを美味しく飲むのに大切だと言われている
”煎りたて”、”挽きたて”、”淹れたて”の3たてである”挽きたて”を守ることができません。

そのためあまり美味しくないのではと思っている方もいると思いますが、基本を押さえた淹れ方をすれば十分美味しく飲むことができます。

ドリップバッグでのアイスコーヒーの淹れ方はこちらをご覧ください♪↓↓

スポンサーリンク

必要な道具

  • ドリップポット
  • キッチンスケール
  • 温度計(なくても大丈夫)
  • コーヒーカップ

コーヒーカップは220ml容量のものを使用しています。

淹れていきましょう

点線に沿って切り離します。


フックを持ち左右に広げ、コーヒーカップのフチにセットします。
キッチンスケールにのせて湯量を測る準備をします。


85〜90℃のお湯を用意します。
*温度計がない場合は沸騰したお湯をドリップポットに移すと大体90℃のお湯になります。

お湯の温度が高すぎると苦く雑味のあるコーヒーが抽出されます。
好みにもよるので85〜90℃くらいのお湯で淹れてみて、それよりも苦味が欲しければ90℃以上で淹れることをオススメします。

粉の上にお湯を乗せるように20gくらい注ぎます。全体を湿らせ15秒くらい蒸らします。

蒸らしをすることによってコーヒー豆とお湯が馴染み、コーヒーの美味しい成分をしっかりと抽出することができます。

ドリップバッグの中に常にお湯があるように数回に分けて注ぎます。


190gのお湯を注ぎ終えたら、その状態で30秒ほどドリップバッグをコーヒーに浸します。

蒸らしからコーヒーを規定量入れるまででトータル2〜3分くらいで淹れるようにします。
淹れるまでに時間がかかりすぎるとコーヒーのえぐみや渋みを感じるようになります。

ドリップバッグを取り外せば出来上がりです。

美味しいコーヒーと一緒に気軽におやつタイムを楽しみましょう♪

こちらのキッチンスケール、温度計、コーヒーポットを使いました♪↓↓

コーヒーポット ホーロー コーヒーポット 細口 ケトル 白 IH
PocketCompany 楽天市場店
¥ 6,600(2021/12/19 01:18時点)


コーヒーメーカーの老舗のHARIOのネットショップはこちらです

この記事を書いた人
あおき

こんにちは。あおきです。
4才の娘がいる30代です。パンやケーキと一緒にコーヒーを飲む時間が一番の癒し✨
コーヒー好きだけどカフェインがちょっと苦手。。でも美味しいデカフェがあるから大丈夫!デカフェ最高✨

あおきをフォローする
コーヒー
スポンサーリンク
あおきをフォローする
日好日記~ひよしにっき~
タイトルとURLをコピーしました