色鮮やかでさっぱり美味しい♪ピンクグレープフルーツのジャム

スポンサーリンク
パンのお供

こんにちは。あおきです。

ピンクグレープフルーツを使って鮮やかなピンク色のジャムを作りました。

ジャムベースを使っているのでとろっと爽やかな甘さの瑞々しいジャムになっています。

ヨーグルトやアイス、パンなどと一緒にどうぞ♪

スポンサーリンク

レシピ

  • ピンクグレープフルーツ(正味)・・500g(3玉くらい)
  • グラニュー糖・・150g(果物の30%です)
  • ペクチン・・6g(グラニュー糖の4%です)

*ペクチンはダマになりやすいので、グラニュー糖とよく混ぜておきましょう。

 

私はこちらのペクチンを使いました♪↓↓
(ジャムベースという名前ですがペクチンです。)

cotta ジャムベース 50g
ラッピングストア(コッタ cotta)
¥ 630(2022/05/05 11:29時点)

作っていきましょう

ピンクグレープフルーツの皮を剥き、一房ずつ実を取り出します。


小鍋に入れて分量をはかり、ピンクグレープフルーツに対してのグラニュー糖とペクチンの量を計算して計ります。


グラニュー糖とペクチンをよく混ぜ合わせたものを入れて、ピンクグレープフルーツから水分が出るまでラップをして数時間置きます。


こんな感じになればOKです。


弱火で火にかけ、スプーンなどで軽く混ぜながら残っているグラニュー糖を溶かします。
強火にし、アクが出てきたら取り除きます。
沸騰したら再び弱火にして5分煮たら出来上がりです。


熱いうちに瓶に入れて、蓋をしたら逆さにして冷まします。
出来たてはサラサラしていますが、冷やすことでトロリとした食感になります。

瓶を逆さにすることによって蓋をしっかり閉めることができ、
蓋を閉めたときにできる空間の雑菌もなくすことができます。

コーヒーとのペアリング

ピンクグレープフルーツのジャムは爽やかな酸味と柑橘の苦味があるので、
ほんのり酸味のあるコーヒーと合います。

私は朝食にパンに塗ったりヨーグルトに乗せて食べています。
爽やかな酸味は朝食にもぴったりです♪

パンに塗って中煎りのコーヒーと。。


この記事を書いた人
あおき

こんにちは。あおきです。
5才の娘がいる30代です。パンやケーキと一緒にコーヒーを飲む時間が一番の癒し✨
コーヒー好きだけどカフェインがちょっと苦手。。でも美味しいデカフェがあるから大丈夫!デカフェ最高✨

あおきをフォローする
パンのお供
スポンサーリンク
あおきをフォローする
日好日記~ひよしにっき~
タイトルとURLをコピーしました