春にぴったりのケーキ!桜あんとクリームチーズムース!

お菓子レシピ

こんにちは。ちーです。

今回は春にぴったりのケーキレシピの紹介です。

桜あんとクリームチーズのムースがとてもよく合います。
さらにクルミとイチゴジャムも加わって食べ応えのあるケーキになりました。

もちろんお酒は使ってないので、お子さんも安心して一緒に食べれます。

私は普段キッチンエイドを使ってパンやケーキを作っています。
だからこのサイトでは、基本キッチンエイドを使用した写真や説明をしています。
しかしパン、ケーキのレシピや、作る手順はキッチンエイドがなくても同じなので、キッチンエイドを使用しない方も参考になると思います。

必要な道具と材料

*ケーキの全てのパーツに必要な道具と材料を記載しています。購入するときの参考にしてください。

道具
・型(20cm×20cmのスクエア)
・型(21cm×8cm×5cmの角セルクル)
・ハンドミキサー
・ボール
・クッキングシート
・ケーキクーラー(網などで代用可)
・ゴムべら
・ドレッジやパレットナイフなど生地をならせるもの
・ホイッパー(大、中、小)
・小鍋
・バット(あればなくても可)
・茶こし

材料
・粉糖・・・30g
・アーモンドプードル・・・30g
・卵黄・・・48g
・卵白・・・95g
・グラニュー糖・・60g
・薄力粉・・・30g
・クルミ・・・20g
・桜あん・・・160g
・生クリーム・・・150g
・ホワイトチョコ・・20g
・イチゴジャム・・50gぐらい
・クリームチーズ・・100g(このレシピではフィラデルフィアを使用)
・ゼラチン・・2g
・粉糖・・適量

くるみとイチゴジャムのビスキュイ・ジョコンド

下に載せているケーキのジョコンドに、イチゴジャムとクルミを乗せただけの生地です。
クルミが入ることで食感に変化が出るのと、クルミのアクセントで美味しさが1割増しになります。

404 NOT FOUND | 日好日記〜ひよしにっき〜
パン作り、ケーキ作り、そしてコーヒーが趣味と言えるようになるブログ

道具

・型(20cm×20cmのスクエア)
・ハンドミキサー
・ホイッパー
・ボール
・ゴムべら
・ドレッジ(パレットナイフなど生地をならせるもの)
・クッキングシート
・ケーキクーラー(網などで代用可)

レシピ

・粉糖・・・30g
・アーモンドプードル・・・30g
・卵黄・・・25g
・卵白・・・20g
・卵白(メレンゲ用)・・75g
・グラニュー糖・・40g
・薄力粉・・・30g
・クルミ・・・20g
・苺ジャム・・適量
*下はイチゴジャムのレシピの記事ですが、別に市販のものでも十分です。

簡単イチゴジャムのレシピです。ペクチンを使うことによって煮る時間を短縮し、糖度の低いジャムを作りました。
ペクチンを使った苺のレシピを紹介します。ペクチンを使うことによって煮る時間を短縮できるのでジューシーなイチゴジャムを作れます。さらに糖度も低くすることができるので食べ疲れない美味しいジャムになります。安くて甘くない苺でもジャムにすると美味しく食べれるのでぜひ作ってみてください。

準備

①型にクッキングシートを敷く

②クルミを適度に細かく砕く

③薄力粉を2回ふるう

④オーブンを220℃に余熱する。

作っていきましょう

ボールに粉糖とアーモンドプードルをふるっていれます。
卵黄と卵白を混ぜたものをそこに少しずつ入れ、上の写真のようにハンドミキサーでリボン状になるまでよく混ぜます。


次にメレンゲを作ります。高速で角が立つまで混ぜます。最後は低速にして上のようにキメを整えます。(写真はキッチンエイドを使用してますが、ハンドミキサーで大丈夫です)


メレンゲを1/4入れてホイッパーで混ぜます。薄力粉を入れて粉っけがなくなるまで混ぜます。残りのメレンゲを2回に分けて入れその都度、ゴムべらで泡を壊さないように混ぜます。
上の写真のようにメレンゲがギリギリ混ざりきったところでやめます。


型に少し上から流し入れて、ドレッジなどを使って平らにならします。


生地の右半分にイチゴジャム、左半分にクルミをのせます。


220℃で6分から様子を見ます。(上の写真は少し焼きすぎたかも。。)
焼けたら網などにのせて粗熱をとります。その後ラップに包んで冷凍庫に入れます。

クルミとイチゴジャムのジョコンドの完成です。

桜あんのクリーム

3つの材料を混ぜるだけの簡単クリームです。

道具

・ハンドミキサー
・型(21cm×8cm×5cmの角セルクル)
・バット
・ボール
・ホイッパー
・ゴムべら

*私が使っている型はこの下のものです。
長方形のケーキが8個くらい作れます。とても重宝しています。

レシピ

桜あんクリーム
・桜あん・・・160g
・生クリーム・・・20g
・ホワイトチョコ・・20g

シロップ
・イチゴジャム・・30g
・水・・・30g

*桜あんはこの下のものを使っています。
桜あんだけで食べても、とても美味しかったです。

準備

生クリームを7〜8分立てにして冷蔵庫に入れておきます。(この後のチーズムースの分も一緒に立てておきます)
*生クリームを立てるときは、必ず氷水か保冷剤を下にあてながら作業します。


上の写真のようにクルミと苺に分けて型におさまるようにカットします。
(生地の長さが足りないところは、写真の生地の下のところのように切り落とした部分の生地を足して使います。)


シロップ用のイチゴジャムと水を小鍋に入れ、混ぜながら沸騰させシロップを作ります。
上の写真の左のクルミの面にシロップを塗り、あれば苺の果肉ものせます。
右の生地はイチゴジャムを乗せた方の裏側にシロップを塗ります。
どちらの生地にもしっかりとシロップを塗ってください。


ラップを敷いたバットに型をのせ、クルミの生地をはめます。
両方の生地をラップして冷凍庫に入れます。

作っていきましょう

ホワイトチョコを湯煎で溶かします。


桜あんにホワイトチョコを入れ、ホイッパーでよく混ぜます。


冷蔵庫に入れていた生クリームを立て直し、20g入れてよく混ぜます。


先ほど冷凍庫に入れた型に入れます。


ゴムベラなどでなるべく平らにならします。

桜あんクリームの完成です。

クリームチーズムース

パータ・ボンブという名前のムースの作り方です。
卵黄を使うことで、コクのあるムースに仕上がります。

道具

・ボール
・ホイッパー(大、中、小)
・小鍋
・ハンドミキサー
・茶こし

レシピ

・生クリーム・・130g
・クリームチーズ・・100g(写真ではフィラデルフィアを使用)
・卵黄・・・23g
・グラニュー糖・・20g
・水・・・5g
・ゼラチン・・2g
・粉糖・・適量

準備

①ゼラチンを氷水でふやかしておく。

②クリームチーズを常温に置いておき、なめらかにする。

常温で間に合わないときは、電子レンジでこまめに温めてなめらかにする。温めすぎないように気をつける。

作っていきましょう

卵黄をよく混ぜます。そこにグラニュー糖と水を沸騰させたシロップを、少しずつ入れていきます。この時に卵が固まらないように、常に混ぜながら入れていきます。


湯煎しながら混ぜ、卵の温度が75℃以上になるようにします。ここで卵にちゃんと火を通すようにします。

私は、子どもに食べさせるときは不安なのでしっかり火を入れます。


湯煎から外し、ハンドミキサーで上の写真のようにもったりとリボン状になるまでよく混ぜます。


桜あんクリームの時に立てた生クリームのほんの少しを、小鍋に入れて少し温めます。


そこにふやかしたゼラチンを入れて、よく混ぜて溶かします。


この生クリームとゼラチンを、先ほどのもったりさせた卵の中に入れてよく混ぜます。


それをなめらかにしたクリームチーズに入れて、混ざり切るまでよく混ぜます。


冷蔵庫から生クリームを出して立て直し、1/3を入れてホイッパーで混ぜます。


残りの生クリームを全部入れ、混ぜ切ります。


生クリームが混ざったらクリームチーズムースの完成です。


冷凍庫から生地を出し、少し高い位置から桜あんクリームの上に流し込みます。


冷凍庫から苺ジャムの生地を出し、ムースの上に乗せ軽く押さえます。
ラップをして冷凍庫に入れます。

完成です!あとはカットをして最後の仕上げです。

完成〜!

よく凍ったら冷蔵庫に移して、半解凍になったところでカットしていきます。

半解凍でカットすることできれいに切ることが出来ます。さらに包丁をコンロで少し温めると、もっときれいな断面になります。

最後に仕上げで茶こしで粉糖をふれば完成です。お疲れ様でした。

桜あんとクリームチーズムースがよく合う春らしいケーキです。
少し深煎りのコーヒーによく合います。

春の季節に春らしいケーキを家庭でゆっくりとお楽しみください。

この記事を書いた人
ちー

こんにちは。ちーです。
3才の娘がいる30代です。 パン、ケーキ、料理を作るのも食べるのも考えるのも好き。 ずっと考えながら食べていたい。笑
コーヒーはデカフェにはまり中。
万能ダレを使った簡単ご飯、娘と食べれるパンとケーキのレシピを書いてます。

ちーをフォローする
お菓子レシピ
スポンサーリンク
ちーをフォローする
日好日記〜ひよしにっき〜
タイトルとURLをコピーしました