りんごと紅茶のお菓子。焦がしバターで味に深みを。あとは混ぜて焼くだけです。

お菓子レシピ

こんにちは。ちーです。

りんごの季節がやってきました。

平日の夜でも作れるように混ぜて焼くだけのりんごレシピを考えてみました。

フレッシュなりんごをたっぷり使うので、ずっしり食べ応えのあるお菓子になっています。

レシピ(幅14×奥行7×高さ4.5のパウンドの型)

・りんご(中身用)・・・90g
・塩・・・小さじ1/2

・レーズン(中身用)・・20g

・バター・・20g
・卵・・・50g
・グラニュー糖・・30g
・薄力粉・・・40g
・アーモンドプードル・・20g
・紅茶葉・・・2g

・りんご(飾り用)・・・適量
・レーズン(飾り用)・・・適量
・グラニュー糖(飾り用)・・15g
・シナモン・・3振り

紅茶葉はアールグレイを使っています。なるべく細かい茶葉がいいのでティーパックのものがおすすめです。

作っていきましょう

オーブンを180℃に余熱します。

①中身用のりんごの皮を剥き、写真のようにスライスにします。


 

②塩を入れて軽く揉み、10分ほど置いて水分を出します。


 

③焦がしバターを作ります。小鍋にバターを入れて火にかけます。


 

④うっすらと色づいてきたら火を止めます。そのまま置いておくと余熱で茶色くなります。

色が付き出すと茶色になるまでが早いです。不安なら氷水を用意して茶色になった時点で氷水に鍋をあてて下さい。


 

⑤ボールに卵、グラニュー糖を入れてよく混ぜます。


 

⑥そこに④の焦がしバターを入れてよく混ぜます。
*焦がしバターはゴムべらですべて入れ切ります。


 

⑦ふるった薄力粉とアーモンドプードル、紅茶葉を入れてゴムべらで混ぜます。


 

⑧ ②のりんごの水気をキッチンペーパーで拭き取ります。
そのりんごと中身用のレーズンを入れて混ぜます。


 

⑨型に流し入れます。


 

⑩飾り用のりんごを皮付きのまま薄くスライスします。
⑨にそのりんごとレーズン(飾り用)を並べ、シナモンをふり、グラニュー糖をまぶします。
180℃で30〜40分ほど焼いたら出来上がりです。

最後に

ふわふわ焼き菓子も美味しいけど、ずっしりしっとりお菓子も美味しいですよね。

今日から我が家は連休です。
三鷹の森美術館に行ってきます。娘も楽しめるかなあ〜

そのあとは目当てのケーキ屋さんにも行きます。楽しみ。


この記事を書いた人
ちー

こんにちは。ちーです。
3才の娘がいる30代です。 パン、ケーキ、料理を作るのも食べるのも考えるのも好き。 ずっと考えながら食べていたい。笑
コーヒーはデカフェにはまり中。
万能ダレを使った簡単ご飯、娘と食べれるパンとケーキのレシピを書いてます。

ちーをフォローする
お菓子レシピ
スポンサーリンク
ちーをフォローする
日好日記〜ひよしにっき〜
タイトルとURLをコピーしました